[PR]

 高齢運転者による事故が相次ぐ中、政府は自動ブレーキなどを搭載した「安全運転サポート車」への買い替えを促そうと、65歳以上の運転者が同車を購入する際に最高10万円を、ペダルの踏み間違いによる急発進を防ぐ装置の後付けに最高4万円を補助する。今年度補正予算案に盛り込み、19日の関係閣僚会議で報告した。

 また、全国の保育所や幼稚園などの子どもたちが利用する道路の緊急点検を実施したところ、延べ約3万6千件で安全対策が必要な状態であることも判明し、同会議で報告された。道路管理者の自治体や警察などが、防護柵の設置、横断歩道の新設・塗り直しといった対応を進める方針で、安倍晋三首相は同日の会議で「子どもたちの命を守るための対策を早急に取りまとめる」と語った。

 大津市で散歩中の園児らが死傷した事故などを受け、政府が6月に緊急対策をまとめ、6~9月に危険箇所を抽出していた。