拡大する写真・図版 霞岳町(現・東京都新宿区霞ケ丘町)1番地の自宅前で家族と写真に納まる甚野公平さん(2列目左)=甚野公平さん提供

[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる国立競技場(東京都新宿区)。建設に伴う一帯の再開発で、解体された住宅がある。「都営霞ケ丘アパート」。移転を迫られた235世帯の住人はいま、完成した巨大スタジアムに何を思うのか。

 「子どもの笑い声が絶えない、本当に温かい場所だった」。アパートで暮らし、雑貨店を営んでいた甚野公平さん(86)は懐かしむ。この地で変わりゆく町並みの光と影を見て生きてきた。

 1933年10月、霞岳(かすみがおか)町(現・同区霞ケ丘町)で生まれた。自宅前に明治神宮外苑競技場があり、子どもたちの遊び場だった。

 その競技場で43年10月、「出陣学徒壮行会」が行われた。約2万5千人の学生らが銃をかつぎ、行進した。当時9歳。「外にいたら学生服を着た学生たちが行進してきてね。物々しい雰囲気だった」

 44年に福島へ学童疎開。終戦直後、霞岳町に戻ると一面、焼け野原だった。焼け焦げた家の庭から、富士山が見えた。一家はそこに雑貨屋兼自宅を構えた。

 日本は50年代、戦後復興のため五輪招致に名乗りを上げる。同競技場は取り壊され、国立競技場の建設が始まった。甚野さんの自宅を含む一帯の建物は取り壊された。

 代わりに兵舎跡に都営霞ケ丘ア…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら