[PR]

それぞれの最終楽章・離島に学ぶ(4)

「きゅ~ぬふから舎」管理者 坂東瑠美さん

 今回は私が最も印象に残っている一人、仲間利夫さん(享年75)を紹介します。若いころから自由気ままな独り者で、愛称は「おっちゃん」。脳梗塞(こうそく)の影響で予想もつかない行動をとることが多かったのですが、島の人たちに愛され、一生を終えました。

 おっちゃんは、船の乗組員をした後、出稼ぎ労働などで65歳まで働きました。同居の姉が亡くなった後は一人暮らし。人づきあいは苦手で、好物は酒と黒糖でした。

 「きゅ~ぬふから舎」との関わりは、2008年6月、大腸がんの手術で入院した後に始まりました。1年半ほどの訪問や通所後に自立、いったん利用は終了しました。ところが14年2月、自宅で脳梗塞(こうそく)で倒れ、救急入院します。

 その後遺症で自由に動けなくな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら