[PR]

 コンビ結成15年以内の漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2019」の決勝が22日、東京・六本木のテレビ朝日で開かれ、ミルクボーイ(吉本興業)が優勝した。賞金は1千万円。

 大阪府出身の駒場孝さん(33)と兵庫県出身の内海崇さん(34)が2007年に結成。7回目の出場で初めて決勝に進出し、栄冠をつかんだ。

 まだ無名のコンビで「今年テレビで初めて漫才をした」といい、優勝が決まった瞬間、「夢夢夢」と驚いていた。

 記者会見で、内海さんは「趣味のギャンブルもやめて、ネタ合わせに時間を使った」と話した。1千万円の使い道について、駒場さんは「今まではお金がなくて(いろんな人に)お祝いも渡せなかった。お返しというか恩返しがしたい」と話した。(土井恵里奈)