[PR]

 「法令違反のおそれがある」と言われたけれど、始めます――。通販サイト「楽天市場」を運営する楽天が「送料無料」の方針を改めて表明した。公正取引委員会がサービスの違法性について懸念を示す中での「強行」のアナウンスに、サービスに反発してきた出店者は戸惑いを隠さない。

 楽天の出店者向けのネット掲示板には19日午後2時半ごろ、「【共通の送料無料ライン】導入予定日のご案内」と題した「サポートニュース」が掲載された。

 そこで明らかにされた内容は、送料無料の導入予定時期が来年3月18日に決まったことと、沖縄・離島を発送地とする店舗は送料無料のラインが任意で設定できるようになったことなどだった。

 掲載直後、掲示板には出店者からの辛辣(しんらつ)なコメントが相次いだ。「なぜこんなに強引に?」「どんな思いでこの愚策を続けていこうと思うのでしょうか」

 この楽天の通知の直前、朝日新…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら