マカオの一国二制度、習主席が成功強調 香港を牽制か

有料会員記事

マカオ=益満雄一郎
[PR]

 ポルトガルの植民地だったマカオが中国に返還されて20年を迎えた20日午前、中国の習近平(シーチンピン)国家主席がマカオでの記念式典で演説した。習氏は「我々はいかなる外部勢力による香港とマカオへの干渉も絶対に許さない」と表明。マカオの返還を祝う式典であえて、同じ一国二制度下にある香港にも言及、暗に米国を牽制(けんせい)した。

 習氏は演説で「中央政府の強力な支持のもと、マカオは史上最も素晴らしい発展局面を切り開いた」と述べ、高度な自治を保障した「一国二制度」が成功したとの認識を強調した。中国への反発を背景に抗議デモが長期化し、一国二制度が揺らいでいると指摘される香港を意識した発言とみられる。

 また習氏はこの20年の歩みを振り返り、国家分裂行為を禁止する法律を制定したことなどを挙げ、「マカオ政府は中央政府の全面的な統治権を断固として守り、高度な自治権を正確に行使している」と高く評価した。式典には、香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官も出席した。

 この日、マカオ立法会(議会…

この記事は有料会員記事です。残り179文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら