北方領土「INF配備しない保証は?」 プーチン大統領

有料記事

モスクワ=喜田尚
[PR]

 ロシアのプーチン大統領は19日、年末恒例の記者会見で、中距離核戦力(INF)全廃条約の失効に伴って米国の地上発射型中距離ミサイルが日本の北方領土に配備される可能性に触れて「協議の対象にならざるを得ない」とし、平和条約交渉の中で取り上げる考えを示した。

 北東アジアでの米国のミサイル展開をめぐる共同通信の質問に答えた。

 プーチン氏は日本への配備の可能性が「日本側からも米国側からも聞こえてくる」とし、「明日にも米国の新しい攻撃システムが島々に出現しない保証がどこにあるのか」と話した。

 プーチン氏は「(日ロ平和条…

この記事は有料記事です。残り129文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント