[PR]

 19日午後9時50分ごろ、川崎市幸区古市場の多摩川大橋付近で「友人が橋脚から落ちて浮かんでこない」と119番通報があった。神奈川県警幸署によると、約1時間半後、川崎市内の市立高校1年、太田羅月(らつき)さん(16)=同市川崎区小田栄2丁目=が水深約5メートルの川底で見つかり、病院に運ばれたが死亡した。

 同署によると、太田さんは当時、中学の同級生ら友人5人と、音楽に合わせて韻をふみながら早口で語る腕前を競う「ラップバトル」をしていた。友人らの署への説明では、最下位になったら川に飛び込む「罰ゲーム」を設定。太田さんは、多摩川大橋の約5メートルの橋脚から飛び込み、約20メートル下流で消防に発見された。

 太田さんが飛び込む様子を記録した映像があり、体に目立った外傷はないという。署は友人らから当時の状況を聴いている。(林瞬)