[PR]

 リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞を受賞した吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)が20日、東京都内の日本記者クラブで会見し、「環境問題の解決やサステイナブル(持続可能な)社会の実現への期待があり、重責を感じている」と話した。

 吉野さんらが開発したリチウムイオン電池は、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの貯蔵にも活用が進んでいる。吉野さんは「環境問題は守りのイメージが強いが、攻めの姿勢でとらえないと、サステイナブル社会は生まれない」と語った。

 リチウムイオン電池の普及の背…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く