[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権第2日は20日、東京・国立代々木競技場で男子ショートプログラム(SP)がある。2年ぶりの世界選手権出場を目指す友野一希(同大)はこの日午前の公式練習に臨み、キレのある動きを披露した。

 首元がピンク色で、体全体は黒色と紺色を基調にした本番用の衣装に身を包み、リンクに現れた。SP曲をかけた練習では、冒頭の4回転―3回転の連続トーループ、4回転サルコー、トリプルアクセルをきっちりと着氷。練習中、リンク脇に立つ平池大人コーチ、振付師のミーシャ・ジー氏から助言をもらう場面もあった。

 友野は19日の練習後、「すごい自信をもって、練習でもアピールしていきたい。全力でというか、いつも手を抜かずにやるというのは大切にしていること。演技にも力を入れて練習しました」と語っている。この日、これまで回転がほどけることの多かったトーループの練習を繰り返し、最後はスピンを確認。好調な様子で練習を終えた。

 5位に入った2季前の世界選手…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら