[PR]

 トヨタ自動車は、東海地方で部品の巡回集荷を始めると発表した。部品メーカー側がトラックを手配して部品をトヨタに納める従来の「お届け物流」から、トヨタ側が集めて回る「引き取り物流」に変える。輸送を効率化し、ドライバー不足対策と二酸化炭素(CO2)排出量の削減につなげるねらいだ。

 2020年9月から始める。愛知、三重、岐阜、静岡の4県にある仕入れ先約200社の出荷拠点約240カ所から部品を集め、トヨタとグループの豊田自動織機、トヨタ車体の車両工場など計23工場に運ぶ。

 部品メーカーが個別にトラック…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら