[PR]

 東京近郊の市街地で、イノシシが連日のように出没している。SNS上では「アーバン(都市)・イノシシ」と呼ばれて話題に。なぜ師走の街を駆け抜けるのか。

 15日昼、東京都国立市のJR国立駅近く。住宅街にパトカーのサイレンが響く。「危ない!」。そう叫ぶ警察官たちが追うのは、逃走中の凶悪犯――ではなく、イノシシだった。

 「なんでこんなところに?」。騒ぎに足を止めた人たちの一人がつぶやく。体長1メートルはある。歩道で警察官をかわし、交差点を渡り、コンビニや郵便局の前を抜けて走り去った。自転車ほどのスピードだったという。

 日曜日で人通りが多く、子連れ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら