拡大する写真・図版 JR三ノ宮駅近くで歌声を披露する作人さん=2019年12月11日、神戸市中央区、後藤遼太撮影

[PR]

 阪神・淡路大震災で姉を亡くしたシンガー・ソングライターの男性(35)が、神戸市で29日に単独ライブを開く。被災後、父は職を失い、両親は離婚。路上生活を経験した末に、メジャーデビューを果たした。来年1月で震災から25年。つらいこともあった。「どんなことがあっても、生きていてよかった」。その思いを歌に込める。

 11日夜、神戸市中央区のJR三ノ宮駅近く。黒い帽子とコート姿の作人(さくと)さん=本名・田代作人=の歌声とギターの音色が響いた。歌う時、いつも姉のことを思い出す。「忘れたらあかん」という思いを自分にも向け、歌ってきた。

最後の食卓は苦い思い出

 姉の西田瑞恵さん(当時17)…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら