[PR]

 兵庫県西宮市の武庫川女子大学の学生たちが、広田神社(大社町)の新しい授与品「神様のつぶやき」を作った。アロマの香りが漂うおみくじがあり、学生たちが考えたメッセージが添えられている。来年1月1日から同神社で授与される。

 「神様のつぶやき」のおみくじは、運勢を占う従来のおみくじとは異なり、「恋愛」「勝負」「美容」「金運」の四つの中から自分で好きなものを選んで占う。袋を開けると、中におみくじ(縦4・5センチ、横6・5センチ)が入っていて、甘い香りや爽やかな香りなど、それぞれ違ったアロマが楽しめる。

 おみくじには「ありのままを大切に」「不満足は進化の余白」といった言葉が書かれている。20代を主なターゲットとし、同年代の心に刺さるような一言を学生たちが考えた。占う四つのものについて、各50種類、計200種類の前向きな言葉を用意した。

 武庫川女子大情報メディア学科…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら