[PR]

 政府は20日、2021年の世界遺産登録をめざす「北海道・北東北の縄文遺跡群」を国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦することを決めた。来年2月1日が期限となる推薦書提出を、20日の閣議で了解した。国内からの推薦に挑み始めて7年目。世界遺産登録への挑戦は、国際機関による審査に舞台が移る。

 推薦書提出後は、ユネスコの諮問機関イコモスの現地調査が来年9月ごろに始まり、21年春に登録の可否を勧告する。さらに21年夏の世界遺産委員会による審査を乗り越えて、初めて世界遺産に登録される。

 萩生田光一文部科学相は閣議後の会見で「世界遺産の総数がすでに千件を超え、イコモスによる審査は年々厳しくなっている。地元自治体、省庁とも連携し、しっかりと取り組む」と述べた。

 三村申吾知事は、「長年、地元…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら