渋沢栄一に学び、ドカベンをめざす 栗山監督の経営術

有料記事

加藤裕則
[PR]

 利益だけを追い求め、グローバルな競争に勝つためには犠牲をいとわない。そんな経済には限界がありそうです。何が必要なのでしょう。世の中のため、人のためを思って進む人たちの志に、ヒントがあるかもしれません。育成に定評のあるプロ野球・北海道日本ハムファイターズ栗山英樹監督に、マネジメント術を聞きました。

 ――日本の資本主義の父とも言われる渋沢栄一(1840~1931)の談話集「論語と算盤(そろばん)」を、北海道日本ハムファイターズの選手に贈っているそうですね。

 「2012年シーズンから指揮を執っていますが、すべての新人選手に手渡しています。渋沢さんが、新しい1万円札の肖像画に決まる前からです」

――狙いは何ですか。

 「選手が活躍しても大丈夫なようにするためです」

――と言いますと。

 「1軍でレギュラーになると…

この記事は有料記事です。残り2191文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!