[PR]

 捜査中に60キロの速度違反をしたとして、静岡県警監察課は20日、警察署に勤務する30代男性巡査部長を戒告の懲戒処分にし、発表した。「道を間違えて先を急いでしまった。迷惑をお掛けして申し訳ない」と話しているという。

 監察課によると、巡査部長は6日午前、東京都八王子市の国道(法定速度60キロ)で捜査車両を121キロで運転していたところを、警視庁に検挙されたという。

 車両はパトカーではない乗用車。当時、40代の男性巡査部長が助手席に乗っていたという。

 三原浩・首席監察官は「職員のより一層の綱紀粛正をはかり、再発防止と県民の信頼回復に努めて参ります」とコメントした。