[PR]

 高市早苗総務相は20日、かんぽ不正問題を起こした日本郵政グループに対する行政処分の検討状況を同社に漏らしたとして、鈴木茂樹事務次官を停職3カ月の懲戒処分とし、鈴木氏は同日辞職した。漏洩(ろうえい)先は日本郵政副社長で元総務事務次官の鈴木康雄氏だった。20日夕方に緊急記者会見を開いた高市氏と報道陣のやりとりなどは次の通り。

高市氏の冒頭発言

 17日に私から官房長らに対し、内部監察を命じた。日本郵政グループへの対応方針などを大臣室内でごく少数の幹部と話した内容が、日本郵政に漏洩しているのではないかという疑念を抱かざるをえない情報がいくつか入ってきた。

 内部監察を実施したところ、鈴…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら