拡大する写真・図版 キサブローさんの着物衣装「4変化」。(左から)浴衣で仕立てた緑のコート、ピンクと黒で染めた着物、シャツとジャケットに合わせた赤いストライプの袴、合皮製の羽織袴。どれもキサブローさんがデザイン、制作した=撮影・山本和生、デザイン・高山裕也

[PR]

 着物とはなんだろう。古い? 難しい? 特別な日のためのもの?――。東京・新宿にある老舗着物仕立屋の4代目、キサブローさん(34)は、そんな概念を破る新たな着物の創作に挑んでいる。新進のデザイナーが目指すのは、和洋も、ジェンダーも、国境も超えた着物づくりだ。

 Tシャツの上に、浴衣で仕立てたフード付きのコートを。シャツとジャケットには袴(はかま)を合わせて。足元は足袋だったり、シンプルな黒のスニーカーだったり。

 なんて自由な!

 撮影のためのスタジオで、カメラのシャッターに合わせ、軽快にジャンプを決める。ピンクと黒のグラデーションで染めた着物はポリエステル製。日常着のように、着こなしている。

 「着物の世界を変える」

 代表的な着物の生地である絹にこだわらない。ウールや、化学繊維など身近な素材を多用する。

 色柄や形で、男女を分けたつくりにしない。「ジェンダーレス」な服作りには、だれもが心身共にリラックスできるものを、という思いを込めている。

 背景には、自身のジェンダー観がある。

 実家は新宿御苑近くの着物仕立…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら