[PR]

 安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が24日、中国の成都で首脳会談を行う。元徴用工問題で解決の糸口を見つけられるかが焦点だ。日本政府は20日、7月に韓国向けに強化した輸出規制の一部を緩和した。一方、韓国政府は元徴用工問題で、日本企業の負担を強制しないとした国会議長の法案に否定的な見解を示した。両国とも、この問題で相手側の譲歩を得ようと牽制(けんせい)している可能性がある。

 経済産業省は20日、韓国向けに輸出規制を強化した半導体材料など3品目のひとつ「レジスト」について、規制強化措置を一部緩和した。7月に規制を強化した後に緩和するのは初めて。

 経産省は、国内企業の輸出手続きに「不適切な事案」があったなどとして、これらの3品目を韓国に輸出する際の手続きを厳格化した。原則、契約1件ごとに経産省の許可が必要になっていたが、特定の1社が特定の相手先にレジストを輸出する際には措置を免除し、規制強化以前と同じく1度に最大3年分の許可が取れるようにした。

 経産省は「両社間の輸出実績が積み上がったため」と説明する。社名は非公表としている。

 レジストは半導体基板に塗る感光材として使われる。他の2品目の規制強化は維持する。

 今回の緩和措置について、経産省は首脳会談とは「一切関係ない」とするが、外務省の幹部は、首脳会談にいい影響があるのではないかとの見解を示した。(金成隆一、伊藤弘毅)

■韓国、議長案に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら