[PR]

 公文書が「不存在」なら新たにつくりなさい。そんな仕組みを備えた自治体がある。桜を見る会、モリカケ問題、PKOの日報と、政府の情報公開では、文書の不存在を理由に説明責任を果たさない例が相次いだ。識者からは「自治体の姿勢を参考にして、情報公開の姿勢を改めるべきだ」との声も上がる。

 神奈川県逗子市は2004年に情報公開条例を改め、ある「役割」を情報公開審査委員に加えた。市民らからの開示請求に「公文書は存在しない」と市が回答した場合、委員は、必要があると判断すれば、市に新たに文書を作るよう求められるというものだ。

 当時の長島一由市長は、改正を提案した市議会で「(情報公開の分野で)全国をリードする政策展開に努めたい」と語った。

 06年、この仕組みが機能した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら