[PR]

 意図的に論点をずらして答弁したり、回りくどい説明をしたり――。そんな国会での生のやりとりを知ってほしいという思いから、大学教授が始めたのが国会審議の「まちなか上映」だ。全国に広がる取り組みは名付けて、国会パブリックビューイング(PV)。

 臨時国会が閉会して8日後の17日の夕刻。東京・新宿駅西口に共産党の田村智子参院議員の声が響いた。

 「安倍内閣のモラルハザードが問われているが、私は総理自身の問題を質問します」

 地下広場の一角に置かれたのは、四つのスピーカーと高さ2メートルほどのスクリーン。田村氏がテンポよく質問する姿が字幕付きの映像で流れる。11月8日の参院予算委員会。臨時国会後半に連日続いた「桜を見る会」問題追及の発端となった質疑だ。

 序盤は閣僚や官僚の答弁が続き、聴衆はまばら。9分経って安倍晋三首相が初めて答弁に立つと、「安倍さんじゃん」と立ち止まる夫婦が現れた。イヤホンをしたままスクリーンに見入る会社員も。1人、また1人と足を止めた。

 聴衆が最もわいたのは、桜を見…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら