拡大する写真・図版香取慎吾=村上健撮影

[PR]

 香取慎吾が2020年1月1日、初めてのソロアルバム「20200101(ニワニワワイワイ)」を発売する。数々のヒット曲を歌ってきたスーパーアイドルが、今作に込めた思いやSMAP時代との違いを語った。

あと4枚のインタビュー写真が記事中でご覧頂けます。

 タイトルはもちろん、東京オリンピック、パラリンピックを意識したもの。「記念すべき2020年の始まりに、みんなでワイワイ楽しみたい」。打ち込みを駆使した「踊れる曲」がそろった。「毎日延々聴いてるんですよ。大好きなアルバムで、こんなに音楽聴いてるのは久々っていうくらい」

 アルバム作りの出発点は、「音楽をもっともっとやりたい、歌いたい、踊りたい」という思いだ。2019年2月から稲垣吾郎、草彅剛とともに「ファンミーティング」で東京や大阪、福岡など5都市を回った。「新しい地図」としてインターネットの配信で発表してきた「雨あがりのステップ」「72」などの楽曲を披露してファンを喜ばせた。

 「3人で何曲か歌わせてもらっ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら