[PR]

 米国最大の宗教勢力とされるキリスト教福音派の有力誌「クリスチャニティー・トゥデー」が米下院で弾劾(だんがい)訴追されたトランプ米大統領を罷免(ひめん)すべきだとする論評を掲載した。同派はトランプ氏の有力な支持基盤で、来年の大統領選に影響を与える可能性もある。

 トランプ氏は20日、ツイッターで同誌を「極左雑誌」と呼び、「もう二度と読まない!」と宣言した。

 同誌(電子版)は19日の社説で、トランプ氏が来年の大統領選でライバルとなる可能性がある民主党のバイデン前副大統領の信用をおとしめるためウクライナの大統領に圧力をかけたと断じ、「憲法違反であるだけでなく、極めて不道徳だ」と非難した。

 ツイッターに日常的にうそや中傷を書くなど、トランプ氏は道徳心を失い、混乱した人物の実例だと指摘。連邦最高裁判事に妊娠中絶に否定的な保守派を指名したことなどの「実績」を勘案しても、「トランプ氏を上院(の弾劾裁判)で罷免するか、次の選挙で落とすか、良識で判断すべき問題だ」と主張している。

 キリスト教福音派は米人口の4…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら