[PR]

 世界最大のゲンゴロウの飼育が、石川県白山市のふれあい昆虫館で始まり、全国から昆虫ファンが訪れている。担当する学芸員も「これほど見栄えする虫はなかなかいない。ぜひ見に来てほしい」と呼びかけている。

 ヨーロッパ北部に生息し、国際自然保護連合のレッドリストで危急種に指定されている、オウサマゲンゴロウモドキ。水生の昆虫で、展示室にある水槽のなかで、オス3匹、メス4匹が過ごしている。体長36~44ミリ、大人の親指ほどの大きさで、ほかのゲンゴロウに比べ、横幅と厚みがあるのが特徴という。

 飼育繁殖の研究のため、ラトビア共和国の許可を得て輸入し、同館、福島県のアクアマリンいなわしろカワセミ水族館、山梨県のオオムラサキセンターにやってきた。飼育は国内初の試みで、3館で情報を共有しながら、研究を進める。

 学芸員の渡部晃平さん(33)…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら