[PR]

(22日、競馬・有馬記念)

 スタートして約500メートル進んだところに勝負の分かれ目があった。

 9、10番手につけていたアーモンドアイのルメール騎手は内側に潜り込もうとした。ところが思ったような空間は見つからず、馬群の外側を走らされる形になった。

 集団の中で、前に馬を置き、リラックスした状態で走らせる。それが長距離2500メートルを走り切るために必要な策だった。

 馬群の外側を走ることは進路がふさがれる心配がない半面、視界が広がって、馬が自分から勝手に走ってしまう危険をはらむ。この日のアーモンドアイはその落とし穴にはまった。

 ルメール騎手はいう。「(1周目の)スタンド前でスイッチが入ってしまった。冷静に走れなくなりました。(最後)アーモンドアイは疲れていました」。大事な序盤でオーバーペースになってしまっては、さすがのアーモンドアイでも失速する。デビュー11戦目で初めての大敗だった。

 国枝調教師は「ぼうぜん自失だね」と絶大の信頼を置いていた愛馬の思いもよらぬ敗戦にショックの色を隠せなかった。今月初旬の香港遠征を発熱のためにとりやめた。ファン投票1位の期待に応える形で有馬記念に送り出したが、レース中の精神状態の乱れまでは予測できなかった。

 幸い故障や体に変調があったわけではない。この屈辱は年が明け、5歳になって晴らすしかない。(有吉正徳)

リスグラシュー、5馬身差V

 リスグラシューに乗ったレーン騎手は最終コーナーにさしかかると、内から一番外へとコースを変えた。「手応えがよすぎて(前に他の馬がいない)スペースが必要だった。外に出してからは馬に任せた」。断然人気だったアーモンドアイなど前を行く馬を次々に抜き去り、最後は5馬身の差をつけた。

 6月に宝塚記念を、10月には豪州のコックスプレートを制覇したコンビ。このレースのためだけに、豪州から駆けつけた。現役最後の一戦で強さを見せつけた相棒に、「うれしさと、これが最後というさみしさもあって複雑な思い。僕が乗った馬の中で、リスグラシューが一番強い」と最上級の賛辞を贈った。

こんなニュースも