[PR]

 警視庁本所署の留置場で、窃盗事件容疑者の30代の男が首をつった状態で見つかり、その後死亡した。同署が22日発表した。自殺を図ったとみている。

 同署によると、男は21日午後11時50分ごろ、留置場の一室で、着ていた上着で首をつって意識不明になっているのを、巡回中の署員に発見された。病院に搬送されたが、約2時間20分後に死亡が確認された。この部屋に1人で留置されており、直前の巡回では異常はなかったという。

 男は置き引きをしたとして窃盗容疑で19日夜に逮捕され、調べに容疑を認めていたという。同署は「巡回や取り調べに問題はなかった」としている。