拡大する写真・図版 強烈なスマッシュを放つ、ナガマツペアの松本麻佑選手(右)と永原和可那選手=2019年12月7日、秋田県由利本荘市のナイスアリーナ、渡部耕平撮影

[PR]

 さあ、2020年。オリンピックとパラリンピックが東京にやってきます。心が躍るのは秋田も同じ。幾多の名選手をはぐくんできた、スポーツ県だからです。この夏、ふたたびの聖火のもとへ――。新たな物語が、秋田から始まろうとしています。

師の夢のせ…羽ばたけ「女王ペア」

 「女王ペア」がコートに立った。バドミントンのラリーが続き、観客は息をひそめた。とたん、強烈な音が空気を切り裂いた。「バシッ、バシッ」。スマッシュの連打に歓声がわいた。

 昨年12月7日、由利本荘市のナイスアリーナ。S/Jリーグの大会に、4100人が詰めかけた。お目当ては、北都銀行の「ナガマツペア」。女子ダブルスの永原和可那(わかな)選手(23)と、松本麻佑(まゆ)選手(24)だ。

 頼もしげに見守る役員がいた。総監督の原田利雄さん(56)=秋田市。ナガマツペアの「生みの親」だ。「2人は立派に成長していますよ」と目を細めた。

     ◇

 2人は同学年で出身は北海道。どちらも小学1年生でバドミントンを始め、中学時代は対戦もした。永原選手は青森山田高へ。高校総体のダブルスと団体で優勝し、高校の先輩で北都銀行の米元小春選手(29)を慕い、秋田に来た。松本選手は北海道・とわの森三愛(さんあい)高へ。高校総体のシングルスとダブルスでベスト8に入り、高校の先生が、当時の北都銀行監督だった原田さんに推薦した。

 永原選手は170センチ、松本選手は177センチ。原田さんの目が輝いた。「日本にいない大型ペアをつくる」

     ◇

 だが、2人の思いは異なっていた。

後半では2人のインタビューも。今の思いを記者に語ってくれました。

 永原選手は「ダブルスでオリン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら