ジャンプ「全部危なかったですね」 宇野昌磨、一問一答

有料会員記事

構成・大西史恭
[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権は22日、東京・国立代々木競技場で男子フリーがあり、SP2位の宇野昌磨トヨタ自動車)が逆転で4連覇を達成した。シニアに上がって、初めて羽生結弦(ANA)に勝った。演技後の報道陣との主なやり取りは、次の通り。(発言は世界選手権代表発表前も含む)

 ――演技を終えて。

 「全部(のジャンプが)危なかったですね。本当に危なかったんですけど、全部がギリギリで。ま、最後のコンビネーションがつかなかったことに悔しさが残るんですけど。最後までのびのびと滑ることができたかなという印象を持っていますし。また、やっと自分のスケートが戻ってきたかなと思うので。あの、今シーズンの今後の試合に向けて、何がまだあるか分かりませんけども、頑張りたいなと思います」

 ――演技前、すっきりした顔…

この記事は有料会員記事です。残り2030文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]