[PR]

 抗争が続く指定暴力団山口組と神戸山口組の活動を大幅に制限する「特定抗争指定暴力団」への指定に向け、大阪府公安委員会が23日に開いた意見聴取に、神戸山口組の直系組長(55)が出席した。20日から兵庫、愛知両県の公安委で意見聴取が始まったがいずれも欠席し、組側が出席したのは初めて。

 組長は大阪市北区に組事務所を置き、神戸山口組の井上邦雄組長(71)の代理人として出席。8月に神戸市で起きた山口組系組員への銃撃事件の実行役として、神戸山口組の中核組織「山健組」組長の中田浩司容疑者(60)が逮捕された点について、組長は「真実ではないと思う」と反論した。

 特定抗争指定されると、警戒区域にある傘下組織事務所は組員の立ち入りが禁止される。組側が事前提出した意見書が23日、読み上げられ、同じビル内にある組事務所と居住スペースは内部がつながっていないとして、組長とその親族が組事務所がある建物に引き続き住めるよう求めた。

 大阪府公安委では23日午後に山口組への意見聴取が予定されている。大阪を含む6府県の公安委は25日までに意見聴取を終え、翌26日に特定抗争への指定を決定し、来月7日にも官報で公示して効力を発生させる。