[PR]

 厳冬期のロケット打ち上げへ――。大樹町のロケット開発ベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST)は23日、小型ロケット「MOMO」5号機を29日に打ち上げると発表した。初めてとなる厳冬期の打ち上げについて、稲川貴大社長は「今後、MOMOを定常的に打ち上げて、ビジネスとして行うためのターニングポイント。冬の打ち上げの実証は重要で、そこに挑戦したい」と述べた。

 打ち上げは29日午前6時45分の予定。予備日として30日~来年1月3日を設定している。

 同社は今年5月、同型の「MOMO」3号機で、民間単独ロケットとして国内で初めて高度100キロ以上の宇宙空間に到達。しかし、今年7月に打ち上げた4号機は機体不具合でエンジンが緊急停止した。

 5号機では、4号機で不具合が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら