[PR]

患者を生きる・職場で「視覚障害」(5)

 現在全盲の千葉市職員、大川和彦(おおかわかずひこ)さん(49)は、両目ともに生まれつき眼球が小さい「小眼球症」で左目は見えず、右目は水晶体が濁る「白内障」があった。

 小学部から千葉県立千葉盲学校に通った。ただ、当時は、視力は0・1近くあり、生活に不便はさほど感じていなかった。

 視覚障害者が使う白杖(はくじょう)は持っていたが、使わなくても歩くことはできた。白杖は、もっぱら通学路で振り回して遊ぶものだった。学校では、点字も習ったが、自身は、ルーペを使えば文字を読むことができたため、実際に使うことはなかった。眼鏡もかけていなかった。

 「学校では、自分は見えている…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら