[PR]

 将棋の藤井聡太七段(17)が監修するゲームソフト「棋士・藤井聡太の将棋トレーニング」が来年3月5日に発売されることになった。ソフトの制作会社が23日に発表した。初心者向けの内容で、ルールや手筋が学べるほか、人工知能(AI)と対局できる。

 ゲーム専用機「ニンテンドースイッチ」のソフトで、藤井七段は「聡太先生」として登場する。出題される問題に正解すると、藤井七段が「よくできました」などとほめてくれる。藤井七段は「自分の声が出るのは気恥ずかしい」と苦笑いしつつ、「将棋を全く知らない方でも基礎から学べる。将棋の魅力を知ってもらえれば」とPRした。

 AIの強さは初心者から有段者まで調整できる。指し手を間違えた場合は問題が自動生成され、同じミスを繰り返さないようにトレーニングできる。藤井七段が作成した5~11手詰めの詰将棋も収録する。ソフトは日本将棋連盟公認で、藤井七段がゲームの監修を務めるのは初めて。

 希望小売価格は4500円(税別)。(村瀬信也