[PR]

 ヒトのiPS細胞を使ってブタの体内で人間の膵臓(すいぞう)を作る研究について、文部科学省の専門委員会は23日、明治大の計画を了承した。ブタの体内で膵臓が形作られはじめる段階までを調べ、臓器になるまでは育てない。同様の研究はネズミを使う東京大に続き2例目。

 計画は長嶋比呂志教授らのグループが申請していた。膵臓ができないように遺伝子操作したブタの受精卵に、ヒトのiPS細胞を入れてブタに移植。約1カ月後、母ブタのおなかの中から赤ちゃんブタを取り出し、形作られはじめた膵臓に、ヒトのiPS細胞から育った細胞がどれくらい含まれているかを調べる。

 赤ちゃんブタの膵臓の数十%が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら