[PR]

 プロ野球ロッテから金銭トレードで楽天に移籍した涌井秀章投手(33)の入団会見が23日、仙台市内であった。楽天のユニホームに袖を通し、「まだ投げるイメージが湧かない」としつつ「戸惑いはない。このチームのために頑張りたい」と意気込んだ。ここ3季は2桁勝利に届いていないが、最多勝を3度獲得した実績を持つ右腕は「常にキャリアハイを狙っている」と語り、開幕ローテーション入りを目標に挙げた。単年契約で、推定年俸は減額制限(年俸1億円超は40%)に迫る7500万円減の1億2500万円プラス出来高。

 涌井は横浜高から2004年のドラフト1巡目で西武入り。07、09年に最多勝を獲得し09年には沢村賞を受賞した。13年オフにFAでロッテへ移籍し、15年に15勝を挙げ3度目の最多勝に輝いた。今季は18試合で3勝7敗、防御率4・50。プロ通算15年で417試合に登板し133勝128敗37セーブ、防御率3・51。