[PR]

 安倍晋三首相は23日、北京を訪問し、中国の習近平(シーチンピン)国家主席と会談した。両氏は来春の習氏の国賓訪日に向け協力することで一致。政府への抗議デモが続く香港情勢について首相は「大変憂慮している。国際社会も関心を持って注視している」とし、すべての関係者による自制した対応と事態の早期収拾を求めた。

 会談は人民大会堂で約40分間、行われた。冒頭、習氏は「中日関係を新しい段階に押し上げ、両国国民にさらに幸福をもたらしていきたい」と述べた。首相は「来年春の習主席の国賓訪日を極めて重視している」と発言。「習主席の訪日が有意義なものとなり、日中新時代にふさわしい日中関係を築き上げていくために協力して準備を進めていきたい」と語った。

 日本側の説明によると、首相は会談で、中国公船による沖縄県・尖閣諸島周辺の領海侵入など東シナ海の問題について、中国側の対応を強く求めた。中国当局による日本人の拘束についても早期帰国を要求した。

 また、新疆ウイグル自治区の人…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら