[PR]

 西武は23日、多和田真三郎投手(26)が自律神経失調症であることを公表した。9月に頻脈性不整脈と診断され、治療に専念していた。復帰する時期は見通しが立っていないという。多和田は来季の契約を更改しておらず、渡辺久信ゼネラルマネジャーは「貴重な戦力と考えている。見通しが立ち次第、契約更改を行う」と語った。

 多和田は3年目の昨季に16勝(5敗)を挙げて最多勝に輝いたが、今季は12試合の登板で1勝6敗、防御率5・83と不振だった。