拡大する写真・図版オペラ「オルランド」(C)Wiener Staatsoper/Michael P●(oに¨(ウムラウト)付き)hn

[PR]

 ウィーン国立歌劇場で今月、同劇場初の女性作曲家による新作オペラ「オルランド」が上演された。劇場の150周年記念公演で、演出や脚本、衣装にも女性を起用。原作も女性作家の小説だ。衣装はコムデギャルソンの川久保玲が担った。保守的とされるウィーンのオペラ界では異例の作品だ。

 初日8日の公演は満員。気温5度以下の寒空の下、会場の外では転売屋が定価の数倍の値段でチケットを売っていた。

 「大成功。チケットは完売だし、オペラの世界に強いメッセージを吹き込むという戦略は当たった」。初演を振り返った歌劇場のドミニク・マイヤー総裁は喜びを隠さなかった。

 原作は英国の女性作家バージニ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

本日に限り、無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。(18時まで) ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

本日に限り、無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。(18時まで) ※一部記事を除く