[PR]

千代丸さん 千代鳳と兄弟関取

 数年前、SNSに上がった寝顔がかわいらしいとテレビで紹介され、一部ファンから「千代丸たん」の愛称で呼ばれた。「うれしいっちゃうれしい」と照れ笑いするが、土俵に上がれば体重190キロの体を生かした押し相撲が身上だ。

 12日に始まった大相撲初場所。亡き先代親方(元横綱千代の富士)の言葉を胸に土俵に上がる。初日、得意の押し出しで、白星スタートを切った。

 小学生のとき、1歳下の弟(千代鳳)とともに相撲と柔道を始めた。6年生で体重は約100キロ。中学では相撲部がなく柔道部へ。中学2年のころ、先代親方が鹿児島県志布志市の実家を訪れ、兄弟そろってスカウトされた。すぐに返事はしなかったが、何度も来て説得された。

 友達とすごす高校生活にあこがれがあった。家族と離れるのがつらかったが、先代親方の言葉に心をつかまれた。「勝てば勝つほど、お金がもらえるぞ」

 そんな世界があるのか。強くなって、稼いで、親孝行したい。柔道の大会で遠征費を工面する親の苦労を知っていた。先代親方からは「持ってくるのはパンツ一枚だけでいい」「強くなる」と背中を押された。

 中学卒業とともに入門。2007年、15歳の春だった。

 1年目。稽古場で先輩に稽古で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら