【動画】棋士編入試験第2局で、折田翔吾さんは出口若武四段に敗れた=佐藤圭司撮影
[PR]

 12月23日に大阪市福島区の関西将棋会館で指された「棋士編入試験第2局」では、「試験官」を務めた出口若武四段(24)が、プロ入りを目指す折田翔吾アマ(30)に勝利。第1局を制していた折田さんの成績は1勝1敗となり、折田さんは残り3局で2勝をあげるのがプロ入りの条件となった。

 終局直後に行われたミニインタビューの、主なやりとりは、以下のとおり。

〈まず、勝った出口四段に〉

――本局は「相懸(あい・が)かり」という戦型になりましたけれど、序盤、中盤、形勢はどんなふうだったでしょうか?

出口四段「序盤はちょっと自信が無い展開になってしまったかな、と思ってたんですけど。中盤あたりから、少しだけ風向きが変わってきたような将棋になったかな、と思いますね。何手目かは覚えてないんですけど、2手、(56手目)△3四歩、(58手目)△3三銀、という形が入ったんで、少し持ち直したかなあ、とは思いましたね。その前は悪いと思ってたんで」

――勝ちを意識した場面は?

出口四段「(132手目)△6九…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら