拡大する写真・図版9月12日に日本科学未来館を訪れたブラッド・ピットさん(中央)。右は毛利衛さん、左は山崎直子さん=同館のホームページから

[PR]

 ロシアで出土したマンモスの冷凍標本を展示する「マンモス展」を開催していた国立の日本科学未来館(東京・台場)で、同館館長で宇宙飛行士の毛利衛氏(71)が、展示中の「マンモスの毛」の箱から毛を1本抜き取っていた。毛は展覧会後も返さず、秘書が持っていた。毛利氏は取材に「きっと何かの間違いで戻していないだけ。間違いを直して、すみませんと謝って返す」と答えた。

 関係者によると、毛利氏は米俳優のブラッド・ピットさんにマンモス展を見学してもらうため、興味を引く小道具にしようと毛を抜いたという。

 マンモスは約4千年前に絶滅したとされるが、ロシア連邦サハ共和国で近年、地球温暖化で解けた永久凍土から生々しい状態で発掘されている。未来館でのマンモス展は、サハ共和国の協力で今年6月7日~11月4日に開かれ、約3万3千年前のケナガマンモスの鼻が世界初公開されるなどした。

 複数の関係者によると、毛利氏は、入場者数が芳しくないとして「集客をあげるように」と指示していた。そんな折、米国の人気俳優ブラッド・ピットさんが、宇宙飛行士役で主演した映画「アド・アストラ」の日本公開に伴い、9月12日に未来館で記者会見することが決まった。会見の後半には、毛利氏と、同じく宇宙飛行士の山崎直子さんが参加することになった。

拡大する写真・図版福岡市科学館で巡回開催中の「マンモス展」で、来場者がじかに触れる「本物のケナガマンモスの毛」=2019年11月、福岡市中央区、島崎周撮影

 未来館側はピットさんにマンモス展の「広告塔」になってもらおうと考え、見学してもらえないかを打診した。しかし、ピットさん側からは、台風で来日が遅れて日程が窮屈だと断られ、「絶対に誘わないで」とクギを刺されたという。

 一方、毛利氏は、内部の会議で「どうにかしてマンモス展に興味を持ってもらえる方法はないか」などと発言。記者会見の前日の11日夜、当日の動線を確認するため、秘書課マネジャーと一緒に閉館後の展示場に赴いたとされる。

 その際、毛利氏は、来場者が手を入れて触れる「本物のケナガマンモスの毛」の箱から、毛を1本抜いた。記者会見の前後にピットさんに見せ、「これはマンモスの毛。実は今、本物のマンモスが来てるんだけど、見てみない?」と誘うという作戦だった。毛利氏は「こんなことするのは私くらいしかいない」などと語ったという。

 当日は毛を透明な袋に入れて作戦を実行し、ピットさんは裏口からマンモス展に足を運んだ。毛利氏は「ほら成功したでしょう」などと喜んだという。

 未来館はツイッターで「本日、俳優のブラッド・ピット氏が未来館を訪問しました。館長の毛利衛の案内でマンモス展などの展示をご覧になりました」と宣伝。「未来館にブラピ!かっこいい!マンモス展行きたい」といった投稿が寄せられた。

拡大する写真・図版ブラッド・ピットさんのマンモス展見学をアピールする日本科学未来館のツイッター

 マンモス展は全国4カ所を巡回する予定で、11月23日からは福岡市科学館で開かれている。毛利氏が抜いた毛は箱に戻されずに秘書課マネジャーが持ったままで、マネジャーは「オークションに出そうか」などと語ったこともあったという。

 未来館広報は朝日新聞の取材に、「毛は抜いたのではなく拝借した」と回答。巡回期間中は未来館に保管責任があるとした上で、朝日新聞の指摘を受け、23日に「(福岡市科学館の)他の毛と合流させる手続きをとった」という。

この後、毛を抜き取った経緯について毛利氏に直撃インタビュー。こうした行為に問題がないのか、専門家にも聞いてみました。

 毛利氏は1992年、日本人で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら