[PR]

 日本相撲協会は23日、インフルエンザと診断された十両の貴源治(22)=千賀ノ浦部屋=を冬巡業の取組に出場させていたことを明らかにした。協会は、出場させた理由を取組時間が迫っていたなどと説明した上で、対応の誤りを認めた。

 貴源治は11日、佐賀市で行われた巡業先の病院で診断を受け、取組前に協会側へ伝えたという。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「対策を取れなかったのは落ち度があった。貴源治に相撲を取らせて、大変申し訳なかった」と話した。

 協会によると、12月1~15日に行われた巡業では、力士間でインフルエンザの感染が広がり、休場者が続出。幕内と十両が登場する取組の数が減っていた。感染が疑われる場合は巡業に参加させない措置を取っており、貴源治と同様の事例は他にはなかったという。