[PR]

 2020東京五輪・パラリンピックで、鳥取市の福長正彦さん(40)が陸上競技のスターターに内定したことが分かった。元短距離選手が、現役時代に果たせなかった五輪出場の夢を、スターターとしてかなえた。「選手が走りやすいスタートを」と意気込んでいる。

 福長さんは元短距離選手。100メートル10秒25などの自己記録を持ち、2000年アジア選手権で優勝したこともあるが、五輪の出場は果たせなかった。現在は県立鳥取東高(鳥取市)の教諭として陸上部を指導。2年ほど前からは、鳥取陸上競技協会の推薦で五輪のスターターとなるため、全国大会などで研修を重ねてきた。

 昨年8月、日本陸上競技連盟か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら