【動画】高校生が環境保護をテーマにしたクリスマスイベントを企画した=笠原雅俊撮影
[PR]

 環境保護をテーマにしたクリスマスイベント「クリエコスマス」が24日夕、四万十市の土佐くろしお鉄道中村駅で開かれた。聖夜に沿線の高校生が環境問題を考え、鉄道や駅を華やかにしようと企画した。

 中村、幡多農、大方の3高校の生徒約40人が、使用済みの天ぷら油などを利用した「廃油キャンドルナイト」を開いた。作ったキャンドルをホームに並べて点灯すると、ほのかな光が駅舎を包んだ。大方高校の生徒は浜辺の清掃活動で拾ったプラスチックゴミを利用した置物「スノードーム」を作った。

 中村高校2年の神野美優さん(16)は「イブの日に鉄道と駅を明るくしたかった。多くの人に列車に乗ってほしいですね」と話した。(笠原雅俊)