[PR]

 「忘年会なんて、面倒くさい」「なんで仕事以外で会社の人と会わなきゃいけないの?」。年の瀬、職場の宴席を欠席する「忘年会スルー」が流行語になっている。同僚と集うのは、もう時代に合わないのか。

 東京・新橋駅前で、街ゆく会社員に聞いてみた。

 「ワーク・ライフ・バランスと言っている割に、忘年会とは感覚が古い」。金融系の20代男性はバッサリと切り捨てる。出欠を尋ねるメールへの返信で簡単に断れ、周囲の同年代も職場の忘年会には出ないという。「気が合う仲間とだけ楽しんだ方がいい」と話す。

 一方、幹事を務めているという製造業の男性(52)は、「どんなに準備しても、興味がないと言われるとがっかり」と言う。一方で、「本音を言えばこっちだってスルーしたい。パワハラ、セクハラとうるさい時代だから」。

 リクルートライフスタイルのホットペッパーグルメ外食総研が首都圏や関西圏、東海圏の男女約1万人に聞いたところ、仕事関係で忘年会や新年会をすると答えたのは全体の45%。2012年度からほぼ横ばいだ。

 社会学者の園田英弘さんが書いた「忘年会」によると、室町時代の皇族の日記に、年末の歌会で酒を飲み、乱舞する描写が出てくる。「年忘(としわすれ)のよう」という記述があり、「忘年会の一応の起源の一つ」とされる。

 さらにさかのぼって奈良時代、日本人は職場で酒食を囲んでいた。新元号の「令和」は、九州・大宰府の公邸での開宴の辞から採られたものだ。奈良大学の上野誠教授(万葉文化論)によると、こうした宴(うたげ)は行政府を維持するために必要なものだった。

 宴席ではまず、地位の高い者が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら