写真・図版

[PR]

患者を生きる・職場で「視覚障害」(9:情報編)

 視覚障害につながる目の病気には様々なものがある。厚生労働省の研究班が、2015年度に視覚障害者として新たに認定された18歳以上の人を調べたところ、最も多かったのは、緑内障(28・6%)。難病の網膜色素変性症(14・0%)、糖尿病網膜症(12・8%)などが続いた。

 視覚障害の認定を受ける人は、高齢になるほど多い。年齢を重ねることで目の病気になるリスクは高まる。井上眼科病院(東京都千代田区)の井上(いのうえ)賢治(けんじ)院長は、目を良い状態に保つには「定期的に目を休めることが大切だ」と話す。

 異常を早く見つけるためには、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く