[PR]

 大分市の中学1年の女子生徒が、いじめを理由に自殺未遂をしていたことがわかった。生徒側は小学校時代からいじめられ、いじめを訴えたが、学校側は訴えを認めず、対策をとっていなかった。大分市教育委員会が23日明らかにした。

 市教委によると、生徒は現在も入院中。関係者によると、生徒は2度にわたり自殺を図っていたという。

 市教委によると、生徒は、小学6年の夏ごろから同級生に暴言や暴力などのいじめを受けていた。

 保護者から調査や対策を求められた小学校は、「子ども同士のけんか」との認識を示し、いじめを防ぐ対策を取らなかった。生徒が進学する際にも、いじめに関する申し送りを中学校にしていなかった。

 生徒が中学に入り自殺未遂をし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら