[PR]

 「水の都」として知られる世界遺産のイタリア・ベネチアが、観光客の多いクリスマスシーズンに高潮で浸水する被害を受けている。ベネチア市によると、23日午前9時半(日本時間同日午後5時半)に143センチの高潮を記録。24日午前(日本時間同日午後)の満潮時にも最大140センチに達すると予測している。

 ベネチアの高潮は11月12日に観測史上2位となる187センチに達し、サンマルコ広場などの観光地がある市中心部の歴史地区の大半が水没した。今回の高潮被害は、11月中旬に次ぐ規模となっている。

 同国メディアによると、市中心部では土産物店やレストランが浸水し、観光客はスーツケースを抱えて歩いた。市は、25日にも最大115センチと予測しており、住民の生活や観光業に大きな影響が出そうだ。(ローマ=河原田慎一)