【動画】川崎の石油工場で火災=熊倉隆広撮影
[PR]

 24日午前7時10分ごろ、川崎市川崎区水江町の東亜石油の敷地内で「黒煙が上がっている」と119番通報があった。川崎市消防局や同社によると、「重質油熱分解装置」付近が燃え、約3時間半後に鎮火した。従業員の男性(38)が両手足に重いやけどを負い、病院に搬送されたが命に別条はないという。

 東亜石油によると、プラントでは、アスファルトを加熱してガソリンと軽油を精製しており、アスファルトは最高約900度になる。通常、14人ずつ4班をつくり、交代で作業しているという。

 現場は、羽田空港国際線ターミナルの南西約4・5キロメートル。国土交通省東京空港事務所によると、国内線・国際線ともに運航への影響はないという。