[PR]

 安倍晋三首相は24日、中国・成都で中国の李克強(リーコーチアン)首相、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と日中韓首脳会談を行った。日中韓協力や北朝鮮情勢といった地域・国際情勢について議論する。

 首脳会談に先立ち、3カ国の経済界が集う「日中韓ビジネスサミット」も開かれた。安倍首相は成都が三国時代の蜀(しょく)の都だったことにふれ、「この場にいる3カ国の首脳は三国時代の魏(ぎ)、呉(ご)、蜀ではないので、相争う者同士ではない」と説明。「3カ国のビジネスリーダーの皆さまと共に、我々3カ国が共に協力し、国際社会と共に発展する『新しい三国時代』を築きたい」と呼びかけた。

 首脳会談の冒頭、李首相が「我々は(敵対した)三国志の3カ国ではない。相通じるところがたくさんある」と述べ、日中韓の連携の必要性を強調した。

 会談では、環境問題や高齢社会…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら